第2部 グリッドを実現する要素技術

 グリッドポータルはユーザがグリッドにログインする入り口となるインターフェイスです。グリッド上で提供されているアプリケーションの探索、実行、実行中のアプリケーションの監視・制御などを行う窓口的な機能を持っています。グリッドポータルにログイン後はグリッド上の個別のコンピュータにはログインし直す必要はありません。ユーザは実行したいアプリケーションやコンピュータを指定するだけで、実際のコンピュータへのジョブ投入はポータルが代行します。
 グリッドポータルはWeb上のページとして実装する設計と、専用のプログラムを提供する設計の2種類があります。
 Web上のページとして実装する設計のグリッドポータルの利点は、ユーザがWebブラウザでアクセスできることです。機能は限定的ですが、グリッドポータルでは一般的な設計です。
 専用のプログラムを提供する設計のグリッドポータルの利点は、インタラクティブなユーザインターフェイスなど、高機能なポータルを作れることです。ただし、ユーザはプログラムを導入する必要があります。

fig2-6-1