第2部 グリッドを実現する要素技術

 スケジューリングは3段階の手順で行われます。第1段階は資源探索、第2段階は資源選択、第3段階はジョブ割り当てです。
 第1段階の資源探索は、ユーザのジョブを実行できるOS、CPU、メモリ、ディスクなどの条件を満たすコンピュータを探します。ユーザが実行するジョブの内容をスケジューリングシステムに入力すると、システムがコンピュータを探索します。
 第2段階の資源選択は、資源探索で探したコンピュータの候補から、ジョブを実行するコンピュータを選択します。ここでは、実行時間の短縮、あるいはQoSなどユーザの要求に応じて、最適なものが選ばれます。
 第3段階のジョブ割り当ては、資源選択で選ばれたコンピュータ上で動いている資源管理のソフトウェアにジョブを割り当て、実行を依頼します。

fig2-3-1