第2部 グリッドを実現する要素技術

 監視システムはコンピュータやネットワークといったグリッドの資源の利用効率を監視する機能です。コンピュータに関しては、ジョブを実行しているときのCPU負荷、メモリ使用量などを監視して、利用効率のレベルを判断します。ネットワークに関しては、トラフィック、スループット、レイテンシなどを監視します。
 監視システムは、現在、主に運用管理やスケジューリングのために用いられていますが、監視システムの機能の延長としてこれから重要になってくるのは、課金の機能です。グリッドをサービスとして実ビジネス化するには、グリッドの利用を監視して、利用状況に応じて課金していく機能が必要になります。

fig2-1-6