福島セミナーのご案内

クラウドで解決する課題

2013年10月29日(火)13:30 - 17:30

[参加費無料]

当会が2011年度より開催し、好評を得ている首都圏以外でのセミナーを、今回は会津若松の地で開催することになりました。クラウドなど最新のICT情報をご提供するとともに、参加される皆様と講師の皆様の間で福島での情報技術に関するニーズや利用動向を討議します。皆様のご参加お待ちしております。

開催概要

日時 2013年10月29日(火)13:30 - 17:30(受付13:00-、懇談会17:45-)
会場 福島県会津若松市 会津大学中講義室(M010)
主催 グリッド協議会 (産業技術総合研究所内設置コンソーシアム)
申し込み こちらから (事前登録制)

プログラム(予定・敬称略)

開会 司会進行:伊藤 智 (産業技術総合研究所)
13:30 - 14:10 「データ工学からみた"ビッグデータの課題"」
特定非営利活動法人地域情報化モデル研究会 代表理事
東京大学生産技術研究所 情報・エレクトロニクス系部門 特任准教授
中野 美由紀
【概要】
社会が生み出すデジタルデータが爆発的に急増するなか、「ビッグデータ」というキーワードが近年、脚光を浴びている。データ工学の観点から、1)多様なデータから価値あるコンテンツの抽出・生成、2) 大容量データの効率よい処理、3)増大するデータの永続的蓄積・管理の課題について、概観する。
14:10 - 14:50 「グリッドの考え方を復興計画に活かす」
一般社団法人オープンガバメントコンソーシアム 代表理事
中村彰二朗
 【概要】
東日本大震災は東京一極集中の現在の国のデザインのもろさを露呈させた。復興を契機に、分散型社会のあるべき論を実現し地方都市のモデルを示すべく、会津の復興計画は策定された。
14:50 - 15:20 「オープンクラウドを支える基盤技術」
デル株式会社 エンタープライズ・ビジネス開発部
オープンクラウドビジネス推進 増月孝信
【概要】
OpenStack や CloudStack等オープン系の技術を利用したクラウド基盤構築に注目が集まっております。本セッションでは、デルが推進するクラウドビジョンとオープンクラウドビジネスについての最新動向を紹介します。
(15:20-15:30 コーヒーブレイク)
15:30 - 16:00 「農業の成長産業化に向けたICTの貢献~食・農クラウドの活用事例と自社実践~」
富士通株式会社イノベーションビジネス推進本部 SVP 
若林 毅
【概要】
我が国の成長戦略における柱のひとつである農業分野では、ICT活用によるイノベーションが始まっています。今回は、食・農クラウドの活用事例と、自社実践として沼津工場におけるAkisai農場と会津若松における植物工場プロジェクトについて紹介します。
16:00-16:30 「FUKUSHIMAからはじめる車輪の再発明」
株式会社Eyes,JAPAN 代表取締役
山寺 純 [講演資料pdf]
【概要】
The “FUKUSHIMA Wheel” project literally reinvents the wheel. 
A specially outfitted bicycle features environmental sensors to measure live city data such as radiation, temperature, humidity, NOX, and so on. All one needs is just to have fun riding. Our smartphone app offers a unique opportunity to explore the city. It visualizes one’s individual carbon emissions. Let’s visualize sustainable transportation, as open data, geotracked trails upload for shared experience, integrating lifelog, navigation, and environmental sensing. Gyrostabilized LEDs on the bicycle wheels display location-based information or sponsorship. This concept can roll all over the world... not just in Fukushima, but anywhere. We are seeking support with scalable premiums for various levels of investment.
We are proud to release this project from FUKUSHIMA, Japan, the location of the 3/11 nuclear accident. Thank you very much.
 
16:30-17:10 「復興のためのICT産学連携事業」
会津大学 理事 産学イノベーションセンター長
岩瀬 次郎
【概要】
会津大学は、ICT専門の大学という特徴を活かし、復興推進のため様々な産学連携事業を行っている。当講演では、福島県の置かれている環境、復興推進のための最先端ICT研究の実用化、雇用創出のための実証の場、人材育成の取り組みを紹介する。
17:10-17:30 ラップアップ~講演者の皆様と会場の皆様とのご討議
モデレータ:関口 智嗣(グリッド協議会 会長/産業技術総合研究所)
17:45-19:00 懇談会 (会津大学内 レストラン欅)