1. ホーム
  2. 2011年度イベント一覧
  3. 第34回ワークショップ
 

第34回ワークショップのご案内

サイバーフィジカルシステム

2012年3月13日(火)13:30-17:00

[参加費無料]

スマートフォンやセンサーの普及を背景に、ネットワーク上の大量の情報を扱いながら産業分野を融合した新たな社会基盤、サービスの創出に注目が集まっています。今回のワークショップでは、非定型、大量データの解析処理を超えて、新たな知の創出に向かうサイバーフィジカルシステムについて概要および技術動向を紹介します。

開催概要

日時 2012年3月13日(火)13:30-17:00(受付開始13:00)
会場 秋葉原UDX北8F ネット・カンファレンス 会議室C
主催 グリッド協議会
申し込み こちらから

プログラム(予定・敬称略)

開会 司会:安崎 篤郎  (株式会社日立製作所)
13:30 - 13:35
オープニング
産業技術総合研究所 / グリッド協議会 会長
関口 智嗣
13:35 - 14:10 「IT融合システム開発事業に向けて」
経済産業省 商務情報政策局
情報処理振興課・課長補佐
小川 宏高
 [講演資料PDF]
【概要】
IT融合新産業創出に向けた基本的な考え方を説明するとともに、そのためのアクションプランの一つとして来年度から実施するIT融合システム開発事業の概要を述べる。
14:10 - 14:50 「ソーシャルクラウドへの取り組み~ヒューマンセントリックなインテリジェントな社会を目指して~」」
富士通株式会社 サービスプロダクトビジネスグループ
ソーシャルクラウド事業開発室 SVP
若林 毅
 [講演資料PDF]
【概要】
クラウドの世界では、これまでのコンシューマークラウドやエンタープライズクラウドに続いて、社会が抱える様々な課題をICT活用により解決しようとするソーシャルクラウドへの取り組みが始まっています。本講演では、富士通が様々な社会の現場で実証・実践しているソーシャルクラウドへの取り組みを紹介いたします。
(14:50 - 15:10 コーヒーブレイク)
15:10 - 15:50 「ビジネス競争力を強化するこれからのビッグデータ活用」
日本電気株式会社
プラットフォームBU・マーケティング戦略本部 部長
荒井匡彦
 【概要】
データ爆発社会の到来、しかし現状では流通しているデータの99%は利用されていない、との報告もあります。ビッグデータ活用が社会にプラスの「変革」をもたらすとの期待は高く、本講演では、NECのご提供する、ビッグデータ活用のための製品・ソリューション群を事例を交えながらご紹介します。
15:50 - 16:30 「CPSS (Cyber-Physical-Social System) イニシアティブ~CPS (Cyber-Physical System) を超えて~」
九州大学 システム情報科学研究院
情報知能工学部門 教授
村上 和彰
 [講演資料PDF]
 
16:30 - 17:00
ラップアップ
ご講演者と来場者の皆様とテーマについての討議を行います。
モデレータ:関口 智嗣(産業技術総合研究所)
 
お問い合わせ先:グリッド協議会事務局  office at jpgrid.org (atを@に代えて送信ください)